2018年04月01日

違法だと思うけど。。

知り合いで、ガイコクに住んでいて日本に住所がない人がいて、
でも日本で働いていました。
どうやって?
現金でもらってるようです。

マイナンバーがなかったら働けないって思ってるのですが、そうでもないらしいですね。

バイトをする場合、勤務先にマイナンバーを提出しないと働けないわけではありませんし、
マイナンバーを提出しないことによる罰則もありません。

マイナンバーを提出しなかったからといってバイトを辞めさせられることもないでしょう。

しかし、会社は正社員だけでなく
バイトからもマイナンバーを取得することが義務付けられています。

そのために会社はバイトに対してもマイナンバーの提出を何度も要求してくるでしょ?

その理由は、会社が行政に提出する社会保険の各種届出やバイト代支払いの報告書にバイトの名前だけでなくてマイナンバーも記載することが求められるようになったからです。

社会保険に加入しないバイトであっても、
バイト代支払いの報告書は行政側に提出されますので、
バイトでもマイナンバーの提出が求められます。
、、、な、はずです。

だから、これは双方が違法をしてるってこと?
それでも、やってるんだから仕方ないよねー。

2018年03月01日

安定が大事か?

安定した職業について安定した生活、、、
すばらしいけど、それをあえて捨てた人もいます。
あなたはどcぎらがいいですか?

銀幕の美女、ヴィヴィアン・リーは、裕福な法律家の夫も娘もいて、
イギリスでは女優としての名声を獲得していたにもかかわらず、
すべてを捨てて妻のいる恋人ローレンス・オリヴィエを追ってハリウッドに渡ったそうですよ。

聞いた話で、本人から確認はとってないですけどね・・・笑

当時は一大スキャンダルと思われていたが、
その後『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラを演じることで、
名実ともに世界一のスターの座にのし上がったのはいうまでもない。

でも・・・知らない人も多いかも??
昔の映画ですもんね、とはいえ名前は知ってるでしょ?

『哀愁』や『美女ありき』などの出演作で名声を手にするも、
私生活は穏やかでも順風満帆でもなかったようです。

元夫のオリヴィエさんによれば、アメリカに渡った理由が
単に無謀で衝動的な性格のせいだけではなくて、
演技を愛しているのに見た目しか問題にされない自分のあり方に悩んだ結果だったのだとか。

あー・・・・なるほど。。。
可哀想な感じがする・・・・・。

安定を捨てた、というよりも、自分がなんだか分からなくなった、なんだろうか。

2018年02月01日

これもそうなのか・・・

関節痛は、女性ホルモンの低下による更年期障害の一症状でもありますけど、
怖い病気が隠れているケースがないとは言えません。

私は膝の異常が更年期だなんて知らなくて、
そっちの「コワイ病気」なのかも、、、って逆に怖かったのですが、
更年期でもなるようです。

だからって、、、嫌なものは嫌ですけどね。

「変形性ひざ関節症」 
年齢を重ねるにつれてひざ関節の表面を覆っている軟骨が磨り減っていく病気。
ひざの動かし始めに痛みます。

思い当たる人、いますか?

「更年期障害」 
閉経前後の女性ホルモンの低下で、
手指のこわばりや肩、ひざ関節痛などの更年期症状が生じることがよくあります。

なのでホルモンを調べて、それなりの手をうつことで改善されていくようです。
もし、更年期なら、ですけどね。

年をとるということは、そういうことなのですね~・・・。

2018年01月01日

身体がほてる

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

サーて、今日は、身体がほてる、について。
熱はないし、更年期のホテルでもない、、、ではなんで?
自律神経の乱れなんですって。

本来、人の体は汗をかくことで体温を調整しています。
でも冷房のきいた部屋で対処すると汗をかく間もなく体は冷えてくる。

このような習慣から自然に発汗して体温を調整する体の機能が低下することがあります。

発汗により体温を下げられなくなると無理やり体の表面から放熱して
体温調節をしようとします。
これが体が熱くなる原因です。

対処法は日頃から意識的に体を冷やし過ぎないようにすることですね。

その他にも、軽い運動やぬるめのお風呂にゆっくり入ることも
発汗促進効果が期待できます、、、です。

なにかおかしな病気にでもなったか???って思っちゃいますよね(笑)、
でも心を安定させたらダイジョーブ!!
瞑想でもしますか?!

ホルモンの関係もあるでしょうけどね、まずは心の乱れをなんとしましょ。

2017年12月01日

ふとっぱら。

太っている人のハラのことではありません。
いわゆる「ふとっぱら」な人、のことです。

少し前に、明石家さんまさんが、元妻の大竹しのぶさんの還暦のパーティに行ったみたいで。
その時に、2万5千円の会費をとられたってぶつくさ言ってたそうです。
でもこれも、さんまの愛情表現ですよ笑

ほかに、嵐の松本潤、綾瀬はるか、豊川悦司、市村正親、藤原竜也、松尾スズキ、古田新太、中村勘九郎、中村七之助、清水ミチコ、脚本家の三谷幸喜氏、作詞家・なかにし礼氏、演出家・宮本亜門氏ら

(ふーーー、すごい!!)

「芸能界のそうそうたるメンバーたちがズラリ」勢揃いしていたらしいです。

当のさんまは、「半年前からスケジュールをおさえられていた」という。
再婚したさんまとの子供でタレントのIMALU、
最初の夫との長男も出席していたらしい。

こういうのを「ふぃとっぱら」というのだ。
さんまは細かいことは気にしない、本当のふとっぱらなのです。

好きだからこう言える。
でも、報道だけ読んだら「ケチだなー」って思うかもですねー。
そんなことないですよ、すごい良い人なんだからーー。

2017年11月01日

外食

外食が嫌いなわけではないのですが、あまり積極的に外で食べようとも思わない。
でも、あまりにも家での食事が続くと、たまには外食したいなって思うのです。
外食に言っても食べるものはあまりないのですが、それでもいつもと違うところで食べるっていいですよね。

外食が嫌いな人っているけど、それはどうしてだろう?
分からないわけじゃないけど、ちゃんとした理由を聞いたことがなくて。
どうしてですか?

家での食事がまずいから?とか言う?
自分で作ればいい?いやいやそんな簡単なことではない?
逆に外食が大好きで家計圧迫とかも困りますね。
ほどほどに、気がむいたら好きなものを食べる、というスタンスが一番いいみたいです。
やってますか?

そろそろしなくちゃと思っています。
だって、、、ずーーーっと家で好きじゃないものばかり食べてるから!

これがストレスなんだよーー。
食べたいものを食べさせてくれーーー。

2017年10月01日

ダサイ?

「ダサイ」って昔の言葉みたいだけど、今もちゃんと使われているんですね。
最近「へー」って思ったのは、イギリスのキャサリン妃が着てた服で
「ださい」が使われていた時。

ダサイ、なんて思わないけど、思った人がいたらしく。
でもそんなこと言われていたキャサリン妃が、
鮮やかなピンク色の装いでエリザベス女王の誕生日を祝う式典に登場したら、
「お洒落」「シックだけど華やか」とファッション関係者に絶賛されていたらし。

ピンクがよかったのか、デザインがよかったのか。
その時着てた服はピンクでした。
ミレニアム・ピンクって呼ばれているらしい。

キャサリン妃着用の"ミレニアル・ピンク"の服は、
アレキサンダー・マックイーンのセーラ・バートンがデザインしたもの。
5月に妹のピッパ・ミドルトンの結婚式に出席したときと同様オーダーメイドの1着だが、
ピッパの挙式に着用した服が
「おばさん臭い」「ダサい」
と酷評されたのと対照的に、今回は大評判になっていたんですって。

そんなことか。。。笑

ダサイなんて思わないよ、皆、気にしすぎ。
あういう人たちは自分の好きなもんを着れるわけじゃないんだしさー。

2017年09月01日

ラインについて

いまいち、(いやもっとか??)ラインってのが分かっていなかった。
ラインで広告を打つっていうのがどんなものか分かってなかったけど、
メルマガみたいに連絡が出来る、ってことらしいですね。

芸能人などが運用しているLINEの公式アカウントなら、
ファンは公式アカウントを「友だち追加」すると、
不定期で配信されるメッセージや画像をLINE上で受信することができるとか。

LINE@もこの構図と近いサービスで、違いは誰でもすぐに、無料でアカウントを開設できることがポイント高い。

一括ですべての人に送信できるところもすごいけど、これってメールでも出来る。
また「LINE@」アカウントを友だち登録しているユーザー(顧客)からの問い合わせを、
LINEアプリから受け付けることができるんですって。

ユーザーとトークを開始した後は、回数制限無しで対応できるので、
きめ細かいサービスが可能。
この機能はオフに設定することもできて便利。
たとえば空席照会や予約など、さまざまな使い方ができるから、

「使わないと損!」って言われました。

あーこれでまた仕事が増える(泣)、でも、有効ならやるしかないね。

2017年08月01日

ジョッキは片手でしょ

ビールのジョッキを、女性が片手で持って飲むのは下品だとか、ふざけた記事を読みました。
アホじゃないのか、ジョッキを持てない健康な人などいない。
片手でしょ!!!

両手で持つ意味がないし、それを上品だなどとも思わない、思えない。
持ってもいいけど、それを上品だとは思わないって意味です。
だとしたら片手で持ってもいいし、それを下品だなんて思うものか。
あほか、、、。

なんでも弱そうな女性がいいみたいなイメージは払しょくしたいですね、また、男性は本当にそう思っているのかな?
ジョッキを片手で持っても美味しそうに飲めばそれでいいではないか。
ちびちびと泡もなくなるまで飲んでダイエットしてるってサラダをお箸の先でつつくだけの人がいいと思うか?疑問だ。
こういう勘違いは困る。

ジョッキは思い切り美味しく持って(?)飲む、これでいいのです。
ビールのグラスによっては、その時の集まり(セレブパーティとか?)によってTPOは変化するとはいえ、居酒屋のジョッキだよ、美味しく飲めたらそれでいいの!
なにか文句ありますか?
ある人はどうぞ言ってくださいね。

ジョッキくらい好きに持たせて!!

2017年07月01日

母のこと

あまり普段は考えないのかもしれないけど、お母さんっていう存在はすごい。
誰もが「母」については感謝してるし(だいたいは)、その存在って大きいのではないかなって思う。

その「母」と縁を切るって人が、けっこう周りにはいるんです。
その家族のことなのでなんとも分からないんだけど、戸籍の上でも他人になるんですって。
そんなことが出来るのか、とも思ったけど、出来るらしいです。
それをするのだと。
・・・なんてことだ。
しかも、ひとりじゃなかった。

戸籍上まではしないけど、、、って人もいれるともっと多い。
そこまでして親と縁を切りたいらしい。どんな親子だったんだ、、って思います。ちょっと悲しい。
でもその人が決めたことだしね、見守ることにします。

幸いにも自分は親との仲はいいし、いなくなったら困る感じのごくごく普通の親子だと思っています。この、ごくごく普通の、、、ってのが、なによりシアワセなんでしょうね。
いま、そう思います。

ってことで、母に会いにいきますか。元気でいますけど、時々は顔をみないとね。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38